XserverでSSHを使う時にうまく行かない場合の解決ポイント

エックスサーバーでSSHを使う際にPermission denied が出てうまく接続できない時、試して解決した方法をまとめています。MacOSで接続していきます。

目次

エックスサーバーのサーバーパネル側で確認する項目

SSH設定をオンにする

根本的な部分ですが、見落としやすいので必ずチェックしましょう。エックスサーバーのサーバーパネル上でSSH設定がONになっているかどうかを確認します。

公開鍵を再度設定する

公開鍵を再設定します。パスフレーズを設定し、ファイルをダウンロードします。(****.keyというファイルがDLできます)

ただし、ほかにも使っている方がいる場合は公開鍵自体には問題がないので正しいファイルを受け取り再配置だけしましょう。

公開鍵にスペースが入っていないかをチェック! [スペースに注意]

「公開鍵登録・更新」画面より公開鍵にスペースが入っていないかを確認しましょう。ログをチェックすると \n と、スペースが入っており、それのせいでうまく接続できないケースがありました。

KEYファイルを配置 [Mac側]

先ほどDLしたファイルを.sshに配置します。
.sshディレクトリがない場合はコマンドで作成します。

mkdir ~/.ssh

ブラウザからファイルをダウンロードしている場合は ~/Downloads/ ディレクトリにあるので、まずは ~/.ssh/ へコピーします。

cp ~/Downloads/****.key ~/.ssh/

コピーしたファイルをリネームしましょう。今回は****.keyをid_xserver_rsaとします。もしファイル名が被る場合は適宜変更してください。

rm ~/.ssh/****.key ~/.ssh/id_xserver_rsa

権限を見直す

.sshディレクトリのパーミッションを700にし、id_rsaファイルのパーミッションを600にしましょう。

chmod 700 ~/.ssh
chmod 600 ~/.ssh/id_xserver_rsa

接続方法を見直しながら接続

10022番ポートを必ず指定する

エックスサーバーは10022ポートを使います。通常の22ポートではないので指定が必須になります。

ssh サーバーID@ホスト名(sv****.xserver.j@) -i id_xserver_rsa -p 10022

ユーザーIDは正しいか?

サーバーIDとサーバー番号を確認しましょう。私は[sv****]がサーバーIDとばかり思ってました。


ここまでを再確認すればエックスサーバーのSSH接続においては解決できるケースがほとんどだと思います。
焦らず落ち着いて再確認しましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる